やりがいは成長につながる

どんな職業においても、やりがいを持てるということはとても幸せなことです。
しかし、何の努力もなく、やりがいというものを持つということはとても難しいことだと思います。自分なりの努力というもがあり、充実感というものを感じる事が出来てこそ、やりがいというものにつながるのではないでしょうか。

IT業界においても、自分の知識や能力を最大限に生かし、更なる向上を目指しながら働いているからこそ、やりがいというものを生み出す事が出来ます。
そして、もしもやりがいというものが感じられなければ、どうしても仕事の質が低くなってしまいます。
この会社のためにも、頑張ろうと言う思いを持てずに、自分ではなくても誰でも代わりは出来るというように、やる気が出てこないと言う場合は、仕事をしていても覇気がなく、元気が出ません。
これはその人の上司や同僚、つまり仕事をする環境に問題があると言うことも多いでしょう。

仕事をする上での環境が、やりがいにつながるということもあります。
皆でともに頑張って行こう、会社を盛り立てて行こうというふうに思えるような会社であり、会社の仲間である必要があります。
それには誰かが、適当な仕事の仕方をして、お金さえもらえればいいというように、ずるいような行動を取っていたりするのを見ると、やる気をなくしていまうということもあるでしょう。
信頼していた上司がいきなりそういうふうに変わってしまうということもあります。誰にも流されずに、自分の信念を持ち続け、やりがいを大切にしていくということが出来れば一番望ましいと思います。
そして、やりがいを見出して仕事に取り組めば、自然と効率的に仕事をこなしていこうとするエンジニアとしてのスタイルも確立されていくのだと思います。

No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です