エンジニアの年収について

働くうえで避けては通れないのがお給料、そして年収です。
初任給はあまり差がないと言われていますが、長い目で見るとかなり差が出てきてしまいます。そのため就職活動をする人たちは、いわゆる勝ち組になるために優良企業に群がるのです。
職業に貴賎なし、とは言いますが、貴賎というのを単純な豊かさの差であると考えると、これはさすがに奇麗事であると言わざるを得ないでしょう。

さて、そういうわけで年収の業界別ランキングなんていうものも平気で作られるのです。調査した団体や媒体にもいくらか左右されますが、それによればやはり強いのが会計士や弁護士です。
この辺は普通の月収や年収というよりも報酬として支払われる額で算定しているはずです。そのため、資格を取ってしまえばすぐさま1000万、というわけにはいかないものの、資格そのものが難関であるため、合格した、という実績だけでかなり信頼してもらえます。つまり、今後仕事がもらえるという側面は確かにあります。

次に出てくるのが残業の多い、そしてしっかりと残業代が出るIT業界での仕事です。これはもう業界というよりも企業ごとの体質なので千差万別です。
残業代がきっちり出るIT企業なら、もちろん羽振りの良さにも関わりますが会計士、弁護士に匹敵する所もあるようです。
ただ、そういう所で要求されるハードルも当然高いので、休日を和やかに過ごせる保障があるかどうかは事前にしっかり下調べするべきでしょう。
企業勤めのエンジニアの他には、フリーランスとして活躍するという選択肢もあるようで、それこそ年収も上を目指せるようです。

No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です